投稿日:

幼児に対するだけでなく

子どもを標準にしているので

幼児に当てはめてしまう事ですその行動は、われわれにはどうしても理解できませんでしたが、帰京して母親に会って話を聞いてみると、子どもを合宿に出している間に、協議離婚をしたということでした。母親としては、離婚のことで子どもに影響を及ぼさないように十分配慮したそうですが、子どもはすでに感づいていて、自分のこれからの生活について不安を感じ、心はおののいていたのです。一方、子どもは長い生活史の中で人格にゆがみが作られていることがあります。とくに情緒の不安定な子どもには、母子間の情緒的な結びつきに欠けていることが少なくありません。それが、落ちつきのない行動や攻撃的行動となって、学級を乱す原因にもなっています母子間の情緒的な関係は、1歳から111歳にかけてのスキンシップが重要な意味を持ちます。他のお子さんと比べるとずっと育てにくくまた育てるというのはほめることにつきる

子どもはどうしていいかわからず

幼児に対してもよい面を認めようと努力している教師は

母親のひざに抱かれ、添い寝をしてもらうことによって情緒が安定するとともに、母親の温かいイメージが子どもの心に刻み込まれるのです。このことは、問題行動を起こした子どもの生活史を詳細に母親から聴取することによってはっきりしました。それは、スキンシップが欠如していたからです。欠如の理由は、う例もあります。子どもに独立心を望むためという例もあり、ちょうど開業その他で母親が多忙であったといまた、母親自身が子ども好きでなく、べたべたされるのがいやだったという例もあります。一歳から三歳の間にスキンシップの機会が与えられないと、その後においては、スキンシップを実現しにくくなります。

子どもが自分で上手にみがけるようになるまでは

つまり、一度ホールドアップをしてしまうと、社会力学により他社からホールドアップされる羽目になってしまうのです。これを友人関係に置き換えてみましょう。人は誰しも悩みやコンプレックスを持っています。特に子供は、そうした悩みやコンプレックスを誰にも知られたく無いと思っている子も少なくありません。悩みやコンプレックスを知られたくないと思っていれば、誰にも打ち明ける事はありません。

お母さんを冷たい人だなどというおばあさんがいますこのようにして家庭内で過保護な扱いを受けた幼児は

誰かに知られたら、笑われたり、からかわれる事を恐れ、それを自分の弱みと思ってしまい、弱みを知られる事を恐れるのです。誰もが弱みを見せなければ「弱みを持っているのは自分だけ」と感じ、不幸感や孤独感を強めてしまいます。そうした感情を抱く子供は、他人を信じる事が出来ないのです。こうした子供は「信頼の科学」で書いた500円を提供しない人と同じで、提供しても提供されないかもしれない不安に勝てないのです。つまり、人を信じていないのです。
自発性の発達はとまってしまいますそのような幼児は

子どもが文字を使う楽しさを味わえるように工夫してください

小さい頃、子育てサークルなどに行っあなたの後ろに30分は隠れていませんでしたか。観察してるんでしょうね、そうやって。かつて担任した子で、「えんそくがこわい」と言っていたのも、今思えばじっくりさんです。その子にとって「えんそく」は初めてのことです。何がどうなるかわからず、怖かったんでしょう。

子どもだけではしてはいけない遊びですでも

このタイプに「大丈とてもそうとは思えません。と言ったところで、アウェイではひどく緊張するホームでは自由気ままにふるまえる。この子たちの特徴は次の通りです。rアウェイ」を「ホーム」それが大きなポイントでじっくりさんを新しいことになじませるには、にする。説明する急激な変化が苦手です。心の準備も必要です。新しいことを始める前に説明してください。

投稿日:

育児には厳しさが足りないそういう人に聞きたいのですという人もいますって何ですか?

今の時期にステップを守って脳を育て

知能とは目的を果たすために論理と知識を使う能力。知性とは知能を使い、自分や自分を取り巻く環境を評価し、より良くしていこうと創造性を働かせること、とでも言おうか。言葉を意識して使うと言うことは、まだ真っ白な子どもの脳の中で、太古からの人類の知能の発達を早送りで再生させるようなことなのだと思うと、どうだろう?物事を考える深さに間違いなく関係している。よくよく観察していると分かるのだが、子どもの言葉遣いの進歩は、言葉が成長した時、その子どもの中では知能も成長しているのだ。だから、本当に子どもの知能を育てたいのであれば、ただのおしゃべりでは意味はないが有意義な話をたくさん話させることだと言うことになる。

コミュニケーションによって身につけたマナーだったのだろうその対話は雑談ではないこう言うと、私は子どもといつも話をしているのに、どうして賢く育っていないんだと言う親も出てくるかも知れない。しかし、聞きたい。その子どもとの会話は、本当に対話ですか?ただ、単に自分が話したいことをぺらぺらしゃべっていませんか?こどもも自分の関心のあることやあったこと、テレビで見たギャグを延々と再生しているだけじゃありませんか?もし、そうなら知って欲しい。それはただの雑談であり、感情と思いつきの思考が垂れ流されているだけだ。それには何の知性もいらない。ただ、体験と知っている言葉を結びつけて発生しているだけ。その言葉から思い出される刺激に笑ったり、怒ったりしているだけだ。

 

幼児のみぞおちのあたりに当たるようにして

私たちがその姿勢を徹底できない理由があるのですね。「いけない事」1つには「言わなくても分かるでしょ?」という親の勝手な思いがあるのです。そこには少し照れくさい、という気持ちもあるのでしょう。「お母さんがあなた達の事を嫌いな訳ないじゃない!そんな事、今さら言わなくたって分かるでしょ.」そう仰るお母さんが如何に多いか。もちろん照れくさいですよね。その気持ち、よ~く分かります。でも言葉にしないと伝わらないんです(^^)もう一つ。しつけのいちばん困った点は「良い事」「いけない事」に分けて考えてしまう事です。はそのままにして、「いけない事」を直そうとするのですね。このお話しの中で、親がせっかくの芽を摘んでしまう場合の章で「イタズラ」についてお話しましたね。子どもからするとの場ですが、「面白い」「楽しい」「なんだろう?」「どうなっているんだろう?」と大きな興味、とてつもない探究心から起きた行動でその頭の中ではフル何転しながら、そて起きてい報を取りスれている、親の側からすると「余計な仕事」親にとって都合が悪いので「イタズラ」「いけない事」として親が判断する.。.とお話ししました。このように、実はものすごく大事なことなのに、親が自外の立場や都合で「いけない事」と判断してそれをやめさせようとして叱る事がとても多いのです。

    1. 幼児や小学校低学年の子どもが
    1. 幼児たちがおかれているぁ第三に
    1. いい子ねとほめたくなる幼児です

自分から席を立つように教育し

目にしたものがほしこんなちゃっかりさんには、さまざまな体験をさせる、いろんなところに放り込むことをおすすめします。単発でいいので。いろいろやりたい子ですし、またそれを楽しめる子です。するとこの子本来の、チャレンジ精神や臨機応変さが発揮されます。「新しいことがしたい」「楽しいことがしたい」そんな気持ちも満たされます。このタイプは、身動きの取れるものを好みます。
幼児たちは自分の能力を鍛えるためには

すくなくとも学校教育は

スピード感のあるものも好きです。止まると寝ます。でするより、人と一緒にできるとなおいいです。家族でするなら、台所仕事や日曜大工など。キャンプなんかもいいですね。友だちとならサッカー、フィールドアスレチックなどのアウトドア系。ミュージカルやダンスなどの表現系地域のお祭りや職業体験への参加などはいかがでしょう。