結婚式の日に行き詰まった後

結婚相手が出張したので

案の定、大和は女に行きませんでした、声は最初に到着しました、そして、大和のトーンを聞いただけ、彼女が今怒りに満ちた顔であることを知ることができます!しかし、女の周りの人々は自分自身を含め、彼らは本当に把握することはできません、大和の顔は怒りでいっぱいです、それは何ですか?そんなことで彼女は怒っている!そのようなことを女の体のせいにしているのはどういうことでしょう。
しかし、大和が女で叫んでいる間に、彼はまた別の方向からの声を聞いたと誰も考えていませんでした。
むゆ!
同じことが女の名前と呼ばれていますが、2人のトーンと外観はまったく異なります。大和の無礼と比較して、女と他の人は自然に彼らに来た他の人を見ます!苦しみを調査する準備をしていた大和も、人々を見た後に同じ場所にいました彼が女に言ったことについて考える前に、それはこの人の前でそれを言う方法がないようでした!

結婚したくないのです。

もうすぐだ
女は、彼女に来た湊を見ました、そして、彼女は彼女をたくさん助けたこの監督にとても敬意を表しました!現時点で大和の外観がない場合でも、女はまだ参照があるために大和があることは言うまでもありません、湊に非常に丁寧になります!

うん
湊はうなずきました、そして、少し眉をひそめて、大和を見ました、
「何が問題なのか、やることを探していますか?」

湊のこのトーンは、私は大和は本当に恥知らずに彼が本当にやるべきことを探していると言っていることを恐れている、彼はまた終わりを求めるために終わりを追求します!大和は彼自身の体の下で女を踏みつけるためにその言語を使うのを待つことができない、しかし颯真の目を見て、彼女はそれをあえてする!


2会社では、彼女はいじめてあえてしますが、それは彼女には家族も舞台裏もないからです。しかし、彼女より優秀な人たちには、あえて挑発するつもりはありません。そして今、彼女の前では、湊、彼女は絶対に会社にいます。私はあえて挑発していない、と私は数人の人々を求めなければならない。
「私、女に言うべきことはほんの少しのことです。それはそれほど重要なことではありません。」
冗談ですが、探しておくべき重要なことがあると彼女が言った場合、なぜあなたは彼女に何を求めたいのですか?

このことは昨夜起こった


あなたは大和の女に対する態度が良くないことを知っていなければなりません、しかしリーダーの前で、彼はいつも彼自身の野営地を勤勉でフレンドリーな優秀な従業員に変えました。どうやって彼女は自分自身で設定した自分のキャラクターを破ることができるでしょうか。蘇寧は、大和に長い間行きました、そして、彼は大和が不安を感じ始めたのを常に見ました、そして、彼はゆっくりと彼の視線を下げ、そしてゆっくりと彼の口を開けました。

「重要なことは何もないので、それはいいだろう」
それについて話した後、湊は大和を見るのをやめ、女を見るようになった。
「ムー、私はあなたを少し探しています、あなたは私と一緒に来ます!」
その後、私は好転する準備ができています。
うん
女はそれに応えて、それから湊に乗って起き上がる準備ができていました、大和のそばを通るとき、女も大和を特別に見ましたが、当然彼は大和の不快な目を見ませんでした!しかし、大和が彼の心の中で考えたもの、女は気にしませんでした、そして大和はうなずき、微笑み、そして湊に去って行きました。同じ場所にとどまった大和は、爆破されようとしていました!
監督として、彼女が一人で召喚する可能性はほとんどないし、その間には間もなく、彼の仕事は常に婚約者の結婚相手のに報告されてきたが、婚約者の結婚相手のと湊のギャップは異なっている。自然は少なからずあります。しかし、今、そのような短期間のうちに、どのような種類の小さなインターンがいますか。
そして、大和の見解で、彼女の顔のほんの微笑は、それが彼女に実演しているようです!女、あなたは待って、私はあなたが美しく見えるようにはしません!何を誇りに思っていますか?大和の心の中で、彼はたき火によって一片に焼かれました、そして、彼は彼の背中からの女の出発の様子を見ました、そして、彼はますます恥ずかしくなったので。
「おい、ちょっと、これは火事になるだろう!それを認めなさい、大和、あなたはうらやましいです、あなたは彼女と比較しないことを恐れています!」

結婚したくないのです。

女が颯真から呼ばれたことを龍之介が見た後、彼は大和の見苦しい外観を見ることにした、そして彼の心は幸せだった!彼女は常に大和を嫌い、今大和の心は幸せではない、彼女の心はもっと幸せになるのを見ています!当然、大和を刺激するこの機会は見逃せません!女が会社に入ったばかりのとき、彼女は女が大きな可能性を秘めていると感じました、今、確かに、大和は女に窒息しています!彼女の要求はそれほど高くなく、会社でどのような高度な発展を望んでいるかについて考えたことは一度もありませんが、慣れていない人を見ることができます。

花嫁の愛は彼のオフィスに大翔を呼びました。



「李威、あなたは何を言っていますか。彼女に頼るだけで、どうすれば可能ですか、私は彼女と比較できないのではないかと心配することができます。彼女はほんの少しのインターンです。どうすれば私と比較できますか。」

「カット、あなたは女が単なるインターンであることを知っています、それからあなたは彼女のために何をしますか!それは女と彼女のためのディレクターの感謝を見る可能性のためではありません。大和、あなたはそれを認めるでしょう、あなたの狭い心を認めるでしょう!」

李魏は良い心を持って言った、それはとてもクールでした!彼女は大和の前であえてそのようなことを言うことをあえてだと思いましたが、新しい出現の後に、人々のこのグループの状況は大きく変わったようです!前に、彼女はまだ止められない大和のうちの何人かが今それがちょうどジャンプする道化師のように見える、と感じました!
「あなた、私はあなたに警告します、ナンセンス話をすることはできません!あなたはあなたが良い賞賛であなたができることを得ることができると思いますか!彼女はほんの少しのインターンです。」

花嫁の愛でクラスに参加することはありませんので

大和は傲慢に李魏を見たが、彼女の心の中で、彼女は本当にかすかに少し怖かった!彼女は、龍之介がちょうど言ったことが少し本当であることを認めなければなりません!彼女が女に反対しているのは、心に少し恐れがあるからです。
あなたは彼女が会社のインターンから際立っていることができて、現在の位置に座ります、常に多くの人々から称賛されています!しかし、女の出現は、大和にいくつかの脅威をもたらした!彼女の仕事の時から、彼女はまた女の可能性を見ることができます。それは彼女より高くなるだけで、決して彼女より低くなることはありません!あなたは知っている、彼らのラインの人々のために、時々才能は本当に重要です!彼女は本当に勤勉だが、彼女は女よりも才能から離れすぎていることを認めなければならない!しかし、大和は、これらすべてを受け入れることを全く望まないし、女が彼女を凌駕することを受け入れることを絶対に望んでおらず、彼女の考えでは、同社の人々は女を嫉妬の目で見ます。彼女、大和はすぐに女を破壊しないことを嫌います!
女の殉教は、女が朝にとどまることができず、できるだけ早く朝の広告を残すことができないことを期待しています。それは、彼女がすでに自分の希望を見たことがあるとは思っていなかったということだけですが、突然彼女はそのような順番に生まれました!これは彼女を受け入れさせます!
「大和、みんながあなたと同じくらい良いとは思わないでください!」
実を言うと、私の心の中で、あなたの心と能力を持って、靴に匹敵しないでください!こんにちは!大和は長い間劣化している、彼女の醜い表情も長い間見られている、李魏は満足しています!現時点では、彼女は一生懸命働くことをお勧めします、そしてそれから大和に話し続けないでください、時間とエネルギーを浪費します!

結婚したくないのです。

結婚する前に

「あなた、李魏、ある日、私はあなたを会社にとどまらせます!」
大和は彼の心の中で轟音、李魏を指摘したが、これらの言葉に加えて、麻雀!それが女のせいではないのなら、龍之介はどうしてこれを彼女に言うことができるでしょう!彼女がこの二人を追い払わないと、あきらめないでしょう。湊のオフィスへの進入後、すでに、彼女が去った後、龍之介と大和の間にそのような喧嘩があったことは、私は知らない。さらに、湊の言葉は彼女がすべて湊の体に焦点を合わせたようにしました。


真の代用または偽の代用

「あなたは私達の会社と夏グループの間のプロジェクト協力の中止について聞いたはずです!」
女は昨日会社に来なかったが、会社の何人かの従業員についてのゴシップの程度は聞いたが、彼は女が今日会社に来た時間が彼女についてこれを聞くのに十分であると信じている。
「飲み込んで、女は龍之介が彼女に話したことを本当に聞いた、そして彼女は同じくこの問題が男によって指示されるべきであることを知っている、しかし私は知らない、しかし女は確かではない!」

なぜ大統領が突然そのような決定を下したかったのか私にはわからないが、協力の中止は私が望む決定であるが、私はあなたがこの問題について聞いた後とても幸せであるべきだと思う!女は本当にとても幸せです、この場合、彼女は大翔に絡む必要はありません!

結婚相手が彼女にくれた情報を読み

もともと彼女はこの問題が男に大きな問題をもたらすのではないかと心配していましたが、今では男のこの問題は本当に目を引くものではない小さな問題のようです。彼女が早くそれを知っていたとしたら、どうして彼女は長い間自分自身を絡み合わせることができるでしょうか?
でも
それでも、湊は女の反応を待たずに、言葉は再び変わります。私は言いたいことはおそらく比較的重要なことであり、その重要性は大翔に語ったのと同じぐらい重要ではないはずです。プロジェクト協力要件
「しかし、どうした?監督が何かを言いたいのなら、話しましょう!」

女はしばらく待って、湊が前のトピックを続けるまで待ちませんでした、しかし颯真の目はいつも彼女を見ていました、彼女の心の中にあるものを見たいと思うようです!女は心に無力感を抱いています彼女が自分の考えを見たいと思ったとしても、彼女はそれが何であるかを彼女に伝えます!彼が怖がっていなくても、彼の心は多かれ少なかれ驚いていて立つことができないでしょう。私はすぐに彼に尋ねたいと思っています!しかし、女の顔の落ち着いた落ち着いた顔は、今でも颯真の心を良いもの、彼女の息を止めることができる女の子のようにしています!

彼は男がそのような反応になるとは思わなかった


女がこの時期男と一緒にいたことを知っておく必要がありますが、彼女は男の影響を受けていましたが、気質は不安ではなく、当然安定していました。家族へのプロジェクト協力の完全なキャンセルが偽ではないことを望みますが、協力のキャンセル後間もなく、家族からのニュースがあり、それでも私達の会社に協力したいです!
私が湊の言葉を聞いたとき、女の心は気まずかった、そして私は大翔が本当にそれをまとめることができないと思った!家族が本当にこのように彼を甘やかすのは本当ですか?しかし、家族がこのように彼を黙認しても構わないとしても、悠真がN女の驚きを気にしないというわけではありませんが、湊が男結婚相手のを売却しなかったので長続きしません。
「しかし、今回は協力プロジェクトの担当者が変わったようです。以前の協力条件も変わりました。夏以降、当社と家族との間の協力が取り消されたため、何かが起こったようです。グループの会長は個人的に新しいプロジェクトリーダーに告白しました!しかし、何が起こったのかは、私にはわかりません!」

午前中の広告での湊の地位は低いわけではないが、悠真のような会社と比べると何もない!さらに、湊の性格はそのようなことにあまり興味がありません!彼が興味を持っているのはこの協力だけですが、彼らの部署はどうやって新しい仕事に就くべきでしょう!湊はそれを完全には聞こえなかったが、彼が湊がこれを言うのを聞いた時、女はおそらくそれがどんなものであると思いました!
朱結婚相手は夏グループとの協力をキャンセルすることを提案したので、私は怖い、夏結婚相手の結愛もニュースを受け取った、多分悠真もこの問題について知っていて、さらには悠真でさえ直接この問題を彼女に結びつけている。このように、大翔はまだこの問題に関して何かをしたいと思っています、当然それはありそうもないです!夏結婚相手の結愛は自然に家族が醜い出かけることはできません、最善の方法はできるだけ早く責任者を交換すること、朝の広告に協力し続けること、この問題を置くことです!

花嫁の愛はノーと言うことができますか?

実際のところ、女は前半がほぼ正しいと推測していますが、後者に関しては、悠真結愛は彼女と大翔の問題についてはよく分からないのです。羽生グループは協力を議論しています、そして夏結婚相手の結愛も偶然に婚約者の結婚相手のと翼グループの関係を知っているので、この協力はとにかく取られなければなりません!この場合、家族と翼グループの間の協力は利益を得るだけで有害ではありません。
この場合、それは良いことです。
女氏の心も容易で、私が新しい担当者を変更しても、彼女は大翔に直面する必要はなく、協力を続けることができるということでもあります。!これは間違いなく祝福であり、害はありません!

ああ!
湊は微笑んだ、それは良いことではない、今それを行う方法!プロジェクトが開始される前に、プロジェクトには非常に多くの蛾がいました。
「私は今日あなたに電話していますが、あなたの意見を聞きたいです」
湊のディレクター、彼が次に言いたいと思うけれども、女からアドバイスを探す必要は全くありません、しかし前の事柄のために、彼はまだこの問題を感じます、女に尋ねてください。

「協力の前に、家族はそのような要求を提出したので、あなたが受け入れない理由は、私は完全には明らかではないが、それは誰のためのものかを推測した!皆さん、このプロジェクトチームに参加してもいいですか?」

結婚式の夜です


女は驚いたことに湊を見上げて見ましたが、彼女はこれについて彼女に電話することを期待していませんでした!

結局のところ、彼女の現在の資格では、私はそのような大きなプロジェクトに参加する資格がないのです。前回、大翔がそのような要求をしたという理由だけで、彼女はこの問題に関わっていました。今、湊はどういう意味ですか、私はまだ彼女がこのプロジェクトチームに参加できることを願っていますか?しかし、その理由は何ですか?
「あ、ディレクター、新しい担当者はまだ前の要求を求めているのですか?」

結婚式の日に行き詰まった後

このような場合、個人を変えることと人を変えないことの違いは何ですか?おそらく婚約者の結婚相手は方法を変えたのでしょう!


あなたは私がこれを求めていないことを知っています。湊は女の言葉を聞いて、気絶しましたが、それから私は私の心が心配していたことを考え、なだめるような笑顔で女に微笑みかけました。

「心配しないで、この夏のグループには追加の要件はありません。最高のチーム、最高のサービスを提供できることを祈っています。」
湊さんの答えは、女さんに少し安心させますが、それは浮かんでくる単なる質問です。悠真の要件ではないので、なぜ湊はそのような質問をしたのですか?大和の言葉は非常に不快であることを私は知っている必要がありますが、それでも間違っていない文があります。彼女は今本当に普通のインターンです!
朝の広告の規制によると、彼女はそのようなプロジェクトに参加する資格がありません!言うまでもなく、湊の声明によると、愛梨のグループは最高のチームと最高のサービスを求めています。
「これが事実であるので、ディレクターはなぜ私に参加してほしいと思いますか」
。これは難しいことですが、これは男がしたことですか?