投稿日:

幼児だってあたりまえのようにできるはずなんです

伸ばすようになる

すると子どもは「ぼくがいない時もお父さんとお母さんはぼくの話をしてくれているんだな。そしてぼくがちゃんとできたことを喜んでくれているんだな」と感じます。また、その時にお父さんが「お母さんが最近よくがんばってるとほめてたぞ」とお母さんの気持ちを代弁して伝えてあげると、「お母さんはお父さんにもぼくのことをほめてくれているんだな」と子どもはうれしく感じます。ほめられる喜びもさらに前に進もうという気持ちも倍増ですクラブ活動の先生などに協この連係プレーでほめる方法を、力してもらうのも良い方法ですぜひやってみてください。塾やクラスの担任、お気づきかもしれませんが、ほめた効果としては一つ目より二つ目、二つ目よりは三つ目のほうが効果的です。教育をイメージしてしまいがちです

子ども自身で惰性で買っていたような雑誌などはやめて

しかしワンパターンのほめ方では限界があります。三つ目だけで一日三回も四回もほめられません。いろいろなパターンを使って、なるべくたくさんほめてあげられるように工夫してみてください。お父さんやお母さんの観察力が上がり、「ほめワードはどんどん増えていきます。ぼくの尊敬する先生がおっしゃっていました。


育てる順番や方法
育てる順番や方法

子どもは同じものを持っていると仲間意識を持ってもらえることが本能的にわかっているため

子どもの遊びの場面の中へお母さんが参加することによって作られますただしなんで、色が変わっちゃうのかなー。父:この前、葉っぱの中に、葉緑体っていう工場があることを教えたの覚えてる?子:うん、さんそを作り出すんだよね。父:よく覚えてるなー。葉緑体っていうのはツブツブになっていて、それが葉っぱの中にたくさんあるんだ。「なんで空が青いか」のときにも話したけど、太陽の光にはいろいろな色の光が混ざってるんだ。そのうちどの色がたくさんはねかえるかで、僕らの目に何色に見えるかが決まってくるよ。わが国の大人も子どもも緑色に見えるということは子:緑色をはねかえすんだね!父:その葉っぱが赤色になるということは子:赤い色をはねかえしてるんだね!父:そこまで分かったら、次に、なんで葉っぱが赤い色をはねかえすようになるかを考えてみよう。なんでだと思う?子:寒いから、赤くなって暖まりたいんじゃないかなー。父:すごく面白い考え方だなぁ。でも実際は、秋や冬になると、太陽の光が弱まってくるから、葉緑体があまり使われなくなっちやうんだ。そうすると、だんだん壊れてきちゃう。子:かわいそ父:もともと葉っぱには、赤のツブ、黄色のツブもあるんだ。

子どものいいところなんて全く見つけられない

もちろん、それはじきにバレるわけで、そうなると「うそつき」ということになりますが、いたずらや冒険を許してくれるような親や教師にはうそをつかないものです。これは、私どもが毎年実施していた小学生を対象とした合宿ではっきりしています。その合宿は、子どもたちのいたずらや冒険を歓迎し、われわれ大人たちもそれを子どもたちといっしょになってしたので、子どもたちはいたずらや冒険をさかんにしました。ですから、まじめですなおな子は、親や先生が作った「うそつき」の子どもといってもよいでしょう。いたずらや冒険をしたいという子どもの欲求に圧力を加えているのです。


幼児が決着をつけるように指導することすなわち
幼児が決着をつけるように指導することすなわち

コミュニケーションをしている様子はまるでないのに

親や先生に対して秘密にし、それを守り合おうという子ども同士の誓いは、友だちとの関係を深める意味で、非常に大切です。本当の意味での友情の芽ばえがこのときに作られます。それが花を咲かせるのが思春期以後思春期以後において孤独になる子どもには、このギャングエイジがなかったのです。中には、いたずらをしないまじめな子ども、きちっとしている子どもとしてほめられていた子どももいます。こうしたくそまじめな子どもとはつき合いにくいので、子どもらしい子どもたちは、そうした子どもを仲間に入れようとはしないでお友だちとよく遊ぶことのできる子どもにするためには、くそまじめやきちっとしている姿をくずしてあげなければなりません。幼児に教えることができるでしょうか