投稿日:

子育てですよね

子どもの保育をしていいということその基準にしたがえば

育て方のすすめ日々きちんとあいさつをしていれば、子どもですから何かに気をとられてあいさつを忘れちゃうことはあるでしょう。でも、そこで親が、あいさつは?」と小さく言えば、「あっ、こんにちは!」とすぐに言えるはずです。「あいさつを厳しく……」ってどんなことするんでしょうね。不思ちょっと意地悪な見方をすると、そのタレントさん、普段ちゃんとあいさつしていないんじゃないかなって。仕事の現場では「おはようございます」ってあいさつするんでしょうけれど、それは営業マンとしてのあいさつです。伸び続けるんだ前の担任によって問題児と評価されていた幼児が

伸びてぽっちゃりもなおり

幼児を叱ることが多くなってしまいます幼児は

日常的なあいさつを子どもにあまり見せていないんじゃないかって思うんです。す」なんて気軽にあいでも、しょうがないですかね。さつできませんからね。タレントさんはご近所の噂好きなおばさんたちに「おはようございま親が誠実であれば子どもは「気概のあるヤツ」親が子どもによく言うセリフですね。親はどれだけ子どもとの約束を「約束を守りなさい!」というのも、守っているでしょうか(笑)?実際のところ、子どもに約束を守ることを教えたいのなら、まず親が約束を守らなければならないでしょう。「後で絵本を読んであげる約束をしたけれど、すっかり忘れてテレビに見入っているようだから、このまま知らんぷりしちゃおう」というのはNGです。

教育は家庭で行なわれることを知ってもらうことから始まる

「そうか~、お花柄のパジャマね、あのパジャマ、どこにあるかしら?探してみて」引き出しにない~」お花柄のパジャマはねぇ、ベランダに干してあるのよ。今日お洗濯をしたから、まだ濡れているかもしれないなあ」「いやだ~お花柄がいいの!」(泣)ベランダからパジャマをとってきてもいいよ」たとえ濡れていても、これがいいと言えばそれを着せましょう。着てみたのはいいけれど、やはり生乾きでとても不快だったとしたら、それを子どもは自分の肌で感じます(これは五感からの刺激ですね)。そして耐えられなくなって自ら脱ぎ(行動)、「やっぱりお花のパジャマは乾くまで待つことにする」(状況に合わせた判断·思考)ことができれば、子どもの脳はたったこれだけの会話でも何段階も進化したことになるのです。逆に言うと、この好機にここまでさせなければ、脳育ての意味はありません。

コミュニケーションにとって非常に大切です

「今日お洗濯してまだ濡れているんだから、今日は星柄のパジャマにしなさい!!」と先回りしてただ頭ごなしに言われただけでは、子どもの脳に育ちは期待できないどころか、解決されない「不安Jが増大し、言葉を出す能力も培われません。のちに何に対してもと答える子どもの第一歩になってしまうのです。このように、子育てをしていると、いろいろな場面で「どうしたらいいんだろう?」「もう、なんでこんなことをするの?」「なんてワガママなの!!」というような理解·対応不能の困った事態によく直面します。「困った事態ります。私は子どもの脳育てをしているんだ」ということを理解して、子ども自身の言葉を引き出すようにしていただければ、にも余裕を持って対処できるようにな毎日大泣き!「幼稚(保育)園に行きたくない!」、ママと離れたくないのは「愛着」が脳内にできたから入園の季節になると、幼稚園や保育園の門の前でお母さんにしがみつき「行きたくないよ~」と大泣きしている子どもの姿をよく見かけます。3~4歳頃までにしっかり愛情をかけられて育った子どもは、近い関係の大人、とくに母親に対して「愛着」と呼ばれる強いつながりを感じるようになります。
子どもの発達と行動を見ながら稽古事は

子どもたちだけで失敗経験を積むことのできる場所があるというのはやはり

でも油断するのはまだ早いと思います)。小児科医の柳沢慧先生は、彼らを「サイレントベビー」と名づけられました。たしが赤ちゃんはこの世に生まれて不安がいっぱいです。だから、抱いてほしいと泣き叫ぶのです。しかし、どんなに泣いても、だれも一向に抱いて助けてくれないと、赤ちゃんはあきらめてだまってしまいます。

子どものけんかに親が出るなーといわれてきたのは

そして蛍光灯が不安を取りのぞく唯一の救いになってしまうのです。母親の目や声の代わりに、蛍光灯を選んでかかわり合うだけの脳の働きになってしまうのです。泣き叫んでいる間は、母親を求めるパワーがまだありますから、抱くことによって赤ちゃんのこころを救出することができます。しかし、あきらめてだまってしまうと、将来、困難なこころの問題が起こります。だからサイレントベビーを放置すると、あとが怖いのです。