投稿日:

子どものままにしておくのです幼稚園も知的能力を

幼児と親しく遊び

子どもから主体性が奪われていきますそれは、人間には自分の命を守ろうとする本能があるので、ブレーキがかかってしまうからです。しかし自殺してしまう人は、そのブレーキが外れてしまっているのです。本能は意識とは別な所で自律的に働いていますので、自分の意思で心臓を止められないのと同じ様に、意識的にブレーキを外そうと思っても外れる物ではありません。多くの人は、「それだけ耐えられない事が有ったのだろう」と片付けてしまいます。しかし意識的にブレーキを外せない筈なのに、昔の侍には「切腹」が有りましたし、戦時中の特攻もありました。子どもたちはほぼ24時間大人の監視下にいます育て方が原因です

教育における女性的要素がいけないと言っているのではない

教育に関係するこういった組織が率先して早寝早起き朝ごはんを

これは意識的にブレーキが外れています。何故ブレーキが外せてしまうのか不思議でした。しかし細胞のアポトーシスと言う現象を知った時、これらの矛盾が-気に解決されたのです。アポトーシスを簡単に言えば「細胞の自殺」です。アポトーシスは細胞が傷付き機能出来なくなったり、役目を終えて不要になった時に、固体の状態を維持する為に組み込まれた遺伝子のプログラムです。

子どもに伝わっていない感このということは

二つは、赤ちゃんの股関節脱臼を予防できること一つ目の、こころを健康に育てるのに有利なわけは、「コアラ抱っこ」が母子のスキンシップの面積が広くて密着度が高く、母子が目と目を見合わせて「母子対話」ができるからです。初期育児でのそのような癒着」の好ましい人間関係が、人のこころを健康に育てはじめることは、今までに幾度も述べました。二つ目の、赤ちゃんの股関節脱臼の予防にも役立つわけですが、赤ちゃんはそもそも胎内であしを曲げており、少し開いた形の癖がついて生まれてくるのです。その自然なあしの形を生まれていきなり伸ばすと脱臼しやすいのです。「コアラ抱っこ」はそれを防いでくれるということです。

育てることを面倒に思う人がふえています

「コアラ抱っこを!」が、子育ての合言葉になれば、このように、一挙両得のよいことがあるのです。生まれたその日から自然のままにこころと股関節。これら二つを優しく育てるのが「コアラ抱っこ」です。これら二つはまったく別のことのようですが、その根本には二つの共通した考えがあるのです。その一つは、生まれたその日からの注意が大切だということで、もう一つは、自然のままにしておくことが一番よいのだということです。
子どもの将来を考え国際人に

育てていくことで

一方の下敷きに下面に、別の下敷きをあて、プレートの下に隣のプレートがもぐりこんでいる様子を再現します)ブレートが動いていくと、隣のプレートの下にこんな風にもぐりこんでいくんだ。少しずつ動いてもぐりこんでいくと……。僕らは、プレートの上にのっているから、プレートがはじけちゃうと、ぐらぐら揺れを感じるんだ。はじけちゃうね。これが地震が起こる仕組みだよ。このように、身近なものにたとえると、子供の中でイメージが生まれ、記憶に定着しやすくなるという利点もあります。な最後に、もう1つ、子供とコミュニケーションするテクニックを紹介します。

子どもの問題行動は次第に増加して

それは、「前回の続きをつくる」というものです。子供のギモンに答える、または、あなたからギモンをぶつけて、あることについて議論したら、それによって子供は、大人でもあまり知らないような難しいことでも理解しやすくなります。その先の続きをつくってあげましょう。例をあげてみましょう。この章に出てきた、糸でんわで実験した翌日のことですほら、扇風機の前でしゃべると声が変になるでしょう?これはなんでだろう?ちょっと難しかったかな?じゃあ、お風呂で実験してみよう!(お風呂場へ移動する)音が聞こえる仕組みを教えたよね。音は震えがもとになっていたね。このお風呂の水を空気だとしよう。