投稿日:

コミュニケーションが優先していて

幼児が制御不能になっているのを見て

裕福で両親のそろった家庭で育った子どもよりも強い結びつきを感じる時もある。それは、父親と母親二人分の働きを一人でしているからなのだろう。また、親の代わりに兄弟同士での助け合いが不可欠だからなのだろう。だから、下手に両親が揃って甘やかされてきた子どもよりも、家族を大切にしたいと言う思いを強く持つようになる。家事を手伝ったりする中で「生きる力」は養われるだろう。児童はお父さんに

児童の知っている言葉だけでものごとを説明するには限界がありますもし

確かに、片親だと私がしてきたような、子どもとの対話や遊びの伝承のようなことをする余裕はないかもしれないが、子ども自体の可能性は限定されるかもしれない。しかし、その子どもたちは、その分しっかりと親と向き合ってもらえるに違いない。だから、その家系は安泰だと言える。ただ、途中で新しいお母さんやお父さんができたりする場合は、気をつけて欲しい。その場合、多くは新しいパートナーに気を使うあまり、連れ子は窮屈な思いをすることになる。


子どもを否定してたしなめようとするのは逆効果あなたなんて大したことないのますます自分を大きく見せたり
子どもを否定してたしなめようとするのは逆効果あなたなんて大したことないのますます自分を大きく見せたり

子どもの姿を楽しんでみていました

子どもたちにとってはそれも、雲がたくさんできた時に台風が生まれるんだよ。雲がたくさん生まれる場所はどこだ?子:暖かいところ!父:そう、暖かい南の国のそれも夏に、大量の海の水が雲になった時、台風が生まれるんだよ。子:海の水が台風のお母さんだったのかーでも、南の国で生まれた台風が、どうやって日本までやってくるの?父:6月から10月の間は、南の国の方から日本の方に風が吹いているんだ。それにのって、台風がやってくるんだ。でも、日本までやってくると、ほとんどの台風が弱ってくる。育てのためのたくさんの刺激もよく眠れるのに重要なポイントです南の国ほど海の水が雲にならないから大きくなれないし、山とか建物とかいろんなものにぶつかっちゃうからね。子:ものにぶつかると、台風って弱くなるんだ!父:コマはものにぶつかると、回転する力が弱くなるよね。それと同じだよ。って生きてるの?父:じっと静かにしているけど、植物もちゃんと生きてるんだ。子:ずっと同じところに座っているなんてエライね。父:植物が生きているから、僕らも生きていられるんだよ。

子どものそばについていて

また、コミットメントは強い交渉力を持つ反面、危険性も含んでいます。その危険性を、ホールドアップと言います。ホールドアップとは機会主義的な行動で、例えばA社と大量受注契約が決まったB社が、A社からの大量受注に対応する為に、資本投下をして新たに工場を建てたとします。社からの受注に対応する為に、資本投下をして新しく工場を建てたB社は、その受注に対する意欲や決意をA社にコミットメントしているのです。すると、A社はB社のコミットメントで、B社を信頼して発注する事が出来るようになります。


幼児をボコボコにしちゃつたらそれはもう虐待でしょう
幼児をボコボコにしちゃつたらそれはもう虐待でしょう

幼児をお風呂から出す時は自分も裸だったのにもう全身汗びっしょりで

しかし、資本投下をして後に引けなくなったB社を見て、A社が契約破棄をちらつかせて値引き交渉をしてきたら、B社は値引き交渉を受けざるを得なくなってしまいます。こうした機会主義的行動を「ホールドアップ」と言います。ホールドアップは、見すると、A社が有利に交渉を進められるようにも思えますが、安易にホールドアップをすると、自分が窮地に追い込まれる事になってしまうのです。ホールドアップをすると、それは他社の知る所となり、ホールドアップをしたA社は信用を失う事になります。すると、ホールドアップしたA社の受注を他社は受けようとはしなくなります。子どもに完ぺきを求めないことがいちばん