投稿日:

しつける人間は

幼児の心は落ちつかなくなりますし

また「迷惑を掛けられない」と思う事は、社会性の低さを表す言葉でもあるのです。「迷惑を掛けられない」とは相手を信じていない事でもあるのです。相手を信じていればきっと分かってくれる」「事情を話せば分かってくれる」と思えるのです。そして「迷惑を掛けられない」と思っている人に多く見られるのは「助けて」と言えない人なのです。誰かに助けを求める事は、助けを求めた人に迷惑を掛けてしまうと考えるので「助けて」と言えないのです。

伸びませんし「助けて」と言えない人が陥る悪循環があります。例えば、仕事で小さなミスをしたとします。ミスをすれば当然の事ながら上司から注意されたり叱られたりします。すると注意されたり叱られるのを恐れて、ミスに気が付いても隠そうとするのです。ミスを隠していれば、ミスに気が付いた上司に当然の事ながら叱られます。

 

子どもを預けたが

お菓子をのどに詰まらせた!子どもが出先で大きなあめをもらい、なめていたらのどに詰まらせてしまいました。呼吸ができないようで目を白黒させて苦しそう!パニックになってしまいましたが、こんなときはまず何をしたらいい?(5才·男の子)背中をたたく、おなかを圧迫するなどでとにかく吐かせる努力をしましょう食べ物などをのどに詰まらせてしまったときの吐かせ方は、年齢によって変わってきます、3才くらいまでの幼児の場合は、大人が片方のひざを立てて座り、ひざ頭に子どものおなかが当たるようにうつぶせにして、低い位置に下げます。その姿勢で、片手を広げて子どもの背中を強くたたきましょう。体が大きくなる4才以降は、子どもの後ろに大人が立って背中からおなかに手を回し、しょう。ただし、幼児の場合は体を持ち上げすぎて、落とさないように注意を手を組んで子どものみぞおちのあたりに当たるようにして、抱きかかえます。幼児を守るためにはそのまま子どもを持ち上げるようにして、おなかを圧迫しまこうした緊急のときには救急車を呼んだほうがよいと思いますが、到着までには早くても数分かかります。子どもの命を救うためには、救急車が来るまでに、近くにいる大人ができるだけ素早く対応することがとても重要ですおでこをぶつけてたんこぶができちやった!公園で遊んでいるときにブランコがおでこに当たり、プクッとピンポン玉大のこぶができてしまいました。さわってもたいして痛くないというのでまず冷やしていますが、急いで受診したほうがいいですか?(6才·女の子)こぶは冷やし、数日間は様子見。血が出たときは、止血しますこぶができたときは、保冷剤を巻いたタオルや熱冷却シートなどでしばらく冷やしていると、出血していないようなら、冷やして家で安静にし、意識障害が起さわってもそれほど痛みがなかったり、しばらくしてから吐くなど、小さくなることがあります。こらないか、ふだんと様子は変わらないかなどをよく見ていてください。

    1. しかも睡眠がたっぷりとれる生活が大事だということになりますこの2点は子どもの脳
    1. しつけ制度の第一次と基本学校つまり
    1. コミュニケーションをして

育児がそんなにうまくいくこと自体がムリだと思います

むしろ精神的に追い詰めるだけだからです。嘘をつくということは、その子が何らかのストレスを抱えていて、ます。嘘は子どものストレス信号なのです。それを伝えるサインだとぼくは考えていだから子どもが嘘をついた時、その原因を考えるのは大人の側なのです。「どうしてこの子は嘘をつかなければいけなかったんだろう」と考えながら、「嘘をつくのはよくないよ」そして「もう嘘をつかなくてもいいようにするには、どうしたらいい?」と問いかけます。
育てを考える場合

児童は理解することができませんし

宿題をやっていないのに「やったけど家に忘れてきた」と嘘をついた子がいるとします。嘘だということがわかったら、なぜ宿題ができなかったのかを一緒に考えます。頭ごなしに叱ると、嘘をつくのは決して楽しいことではありませんから、は事情を話すのをあきらめてしまいます。本当は嘘をつきたくないのです子どもだってだから「そんなイヤな思いをせずにすむにはどうしたらいい?」と話しかけるのです。「宿題をやる時間を決める」とか、家ではどうしても気が散ってしまうのなら「塾に来てやる」とか、子どもが嘘をつかなくてもすむ状況をつくり、「それなら自分も気持ちよく過ごせる」と思えるようにします。